国際交流と留学生

どうも、大学生のケンジです。もうすぐ大学の授業が始まるので、テンションが下がり気味です。いえ、学生なので学業に励むべきですね。

それで、僕の友人で法政大学に通っているやつがいます。法政大学にはグローバル教育センターというものがあり、外国から来た留学生が在籍していたり、交換留学のプログラムがあるそうです。グローバル教育センターでは、法政大学の学内で国際交流もあるようで、友人はそこで外国人留学生と友達になったそうです。中国やオーストラリア、ベトナムなどいろいろな国から日本へ留学しているようです。

しかし、僕が通っている大学の学内では留学生と知り合うきっかけがないので、羨ましい限りです。今度、留学生を紹介してもらうことになりました。白人の女の子と仲良くなりたいなと思ったりしています。留学生のなかには、日本語を専攻している人もいるみたいなので、ランゲージエクスチェンジということで、教えあうのもいいなと思っています。出会う前から何を言ってるんだという感じですね。

まあ、外国人の友達ができれば、共通言語は英語になるので、必然的に英会話が上達すると思います。友人ではなく、外国人の恋人を作ったほうがいいのかな。法政の友人は、僕よりも英語が達者なんですよ。がんばって、英語の勉強を進めなくてはいけません。というわけで、国際交流や留学生について書いてみました。学内で国際交流会があったら、積極的に参加するといいですよ。そうそう、TOEICの勉強もしないといけません。