英語学習に便利なおすすめサイト

こんばんは、本気で英語を勉強している大学生のケンジです。大阪の台風の次は、北海道の地震と災害が続いて、驚いています。さらに、吉澤ひとみが飲酒運転をして、ひき逃げ事件を起こしたということで、ニュースが盛りだくさんです。さて、今日も英語の勉強について書いてみることにします。

先日の記事でシャドーイングとロールプレイ、クエスチョニングという3つの英語の学習メソッドについて書きましたが、参考になったのではないかと思います。テキストを使って英語を勉強するのもいいですが、英語上達に効果的なメソッドですので、ぜひ活用してください。特にシャドーイングは発音矯正に効果的で、おすすめの英会話学習法です。できれば、英語がネイティブの人と行ったほうが効果的です。もちろん、対人ではなく、CD音声でもよいです。

最近では、英語を含む外国語の学習メソッドは進化していて、いろいろな教材がありますし、英会話アプリやオンライン英会話レッスンなど、PCやタブレット、スマホを利用した学習法もたくさん存在しています。すべては必要ないですが、自分に合ったものを選択すればいいという感じでしょうか。予算が少なく、通学時間がとれない人は、英会話アプリやオンラインレッスンを活用すればいいのです。

ただ、英会話アプリや教材、オンラインレッスンといっても、サービスの種類が多すぎて、どれがいいのか混乱してしまうと思います。そういうときは、語学の学習法や教材をまとめているサイトがあるので、参考にするといいですよ。僕も分からないときは、まとめサイトを見て、決断しています。例えば、このようなサイトがあります。

https://language-certificate.net/

このサイトは英語だけでなく、フランス語やロシア語、中国語、韓国語の掲載もありますし、資格についての記事もあります。僕も将来はTOEICの他に、資格の1つでも取得しておこうかなんて考えています。英語と関連する資格というと、US.CPAなどはいかがでしょうか。US.CPAとは、米国公認会計士のことです。まあ、資格は後で検討することにして、まずは英語を習得しないといけません。

英語の学習メソッド

こんばんは、大学生のケンジです。テレビで大阪の台風被害の映像を見て、ビックリしています。停電や断水の地域もあるみたいで、早く復旧するといいですね。ツイッターでは台風の強風で屋根や看板が飛ぶ映像などが拡散されていますね。あらためて、自然の力ってすごいなと思います。

さて、今日はマッケンジーが英語の学習メソッドについて語ろうかと思っています。英語の勉強法は机に向かって、辞書をひいたりして、文法や単語を覚えるだけでなく、様々なメソッドが開発されています。英会話教材の独自のメソッドもあるのですが、一般的に使われているメソッドも多々あります。具体的には英語の学習法であれば、シャドーイングやロールプレイ、クエスチョニングなどの学習メソッドがあります。

それぞれのメソッドを個別に詳しく説明してみましょう。

シャドーイングとは、音声を聞いたあと、すぐに復唱する英語学習メソッドです。回数を連続的に繰り返すのがコツです。シャドーイングのやり方は簡単ですし、英語耳も鍛えることができるのと、正しい発音を身に着けることができるのがメリットです。聞き取れなければ、発音できませんし、発音が間違っていれば、すぐに気づきます。CDなどの音声でもできますし、ネイティブ講師の発音の後に続いて、自分が発音することもできます。また、オンラインレッスンでもシャドーイングの実践は可能です。独学でも英語のCDがあれば、シャドーイングはできるということです。

ロールプレイとは、あるシーンや状況を想定して、英会話の実践的な練習を行うことです。例えば、旅行会話のシチュエーションを想定すると、ホテルスタッフの役とお客さんの役を設定して、チェックイン時の英会話の練習をします。旅行に行く前に、実践的な英会話の練習ができるというわけです。リハーサルみたいなものですね。独りでもできますが、ロールプレイでは複数人で役を決めて行うことが多いです。グループレッスンでよく使われる英語学習メソッドがロールプレイです。ロールプレイの学習メソッドを採用している具体的な英会話教材をあげると、Hapaトラベル英会話があります。

クエスチョニングとは、連続的に質問に答えることで、英語の受け答えの練習をするものです。英会話初心者は英語で何か聞かれても、言葉が出てこなかったりします。英語での受け答えには、パターンや型があるので、例文を何度も繰り返すことで、丸暗記することができます。もちろん、イレギュラーもありますが、よくある質問は、基本形の例文を暗記しておいたほうがいいでしょう。クエスチョニングを使った英会話教材には、英語ぺらぺら君というものがあります。

こんな感じで、英語の学習メソッドをまとめてみました。参考にしてみてください。

国際交流と留学生

どうも、大学生のケンジです。もうすぐ大学の授業が始まるので、テンションが下がり気味です。いえ、学生なので学業に励むべきですね。

それで、僕の友人で法政大学に通っているやつがいます。法政大学にはグローバル教育センターというものがあり、外国から来た留学生が在籍していたり、交換留学のプログラムがあるそうです。グローバル教育センターでは、法政大学の学内で国際交流もあるようで、友人はそこで外国人留学生と友達になったそうです。中国やオーストラリア、ベトナムなどいろいろな国から日本へ留学しているようです。

しかし、僕が通っている大学の学内では留学生と知り合うきっかけがないので、羨ましい限りです。今度、留学生を紹介してもらうことになりました。白人の女の子と仲良くなりたいなと思ったりしています。留学生のなかには、日本語を専攻している人もいるみたいなので、ランゲージエクスチェンジということで、教えあうのもいいなと思っています。出会う前から何を言ってるんだという感じですね。

まあ、外国人の友達ができれば、共通言語は英語になるので、必然的に英会話が上達すると思います。友人ではなく、外国人の恋人を作ったほうがいいのかな。法政の友人は、僕よりも英語が達者なんですよ。がんばって、英語の勉強を進めなくてはいけません。というわけで、国際交流や留学生について書いてみました。学内で国際交流会があったら、積極的に参加するといいですよ。そうそう、TOEICの勉強もしないといけません。

11月のTOEIC試験を受ける予定

今日からブログを始めることになった、ケンジと申します。高校のときはマッケンジーなんてニックネームで呼ばれていました。マッケンジーというと外国人みたいな名前ですが、日本生まれの日本育ちで生粋の日本人ですよ。それで、僕は大学生をしています。まだ大学一年なので、ようやく大学生活にも慣れてきたころです。

将来は海外就職を目指しているので、英語の勉強を始めようかと思っているところです。学部は経済学部なので、英語を専門に学ぶわけではないので、自主的に英語を勉強しないといけません。やはり、時間がある学生時代に英会話くらいは習得しておきたいですよね。英語は世界で通用する一番汎用的なスキルだと思っています。また、海外留学もしたいと思っています。留学資金を調達するため、バイトしてお金貯めなきゃいけませんね。

それで、2018年11月18日の日程でTOEICを受けようかなと思っています。英語力の実力試しですね。ちなみに、TOEICは受けたことないので、初めての受験になります。いまから緊張しますね。TOEIC試験まで、まだ少し時間があるので、TOEICの問題集や参考書などを購入して、対策をしておこうかと思います。

昨日、本屋さんで見てきたのですが、たくさん種類があって、どれがいいのか分かりませんでした。TOEIC対策の書籍は多すぎです。一度、インターネットでレビューや評価を調べてから、出直そうと思います。何も下調べをせずに書店に行ったのは迂闊でした。何事も準備は大切なのです。

ネットを調べると、アルクのTOEIC問題・毎日トレーニングというものがありました。何やら面白そうな英語関連サイトです。それで、アルクのTOEIC毎日トレーニングとは、TOEICの問題が日替わりで出題されるらしいです。どうやら、TOEIC毎日トレーニングは無料で利用できるみたいですね。コツコツと勉強するにはいいサイトかもしれません。